スコプラ日記

【速報】え!?ピエール瀧がコカイン使用で逮捕されたって!?!?あの人気映画・ドラマはどうなる!?【お蔵入り??】

どうも!3月12日のスコプラ日記です。

昨日はBIGBANGのV.I(スンリ)が警察の捜査の手が入り突然の芸能界引退宣言というネガティブな内容だったので、今日は何かポジティブなこと書こうかなぁなんて考えながらニュースを見ていると

 

ピエール瀧がコカイン使用で逮捕!!

 

なんてニュース速報が飛び込んできたじゃないですか!?∑(゚Д゚)

 

マジで・・・??

逮捕されたピエール瀧

ピエール瀧(本名:瀧 正則〈たき まさのり〉)

1967年4月8日生

日本のミュージシャン、マルチタレント、俳優、声優。テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー。身長179cm。血液型AB型。

  • ALWAYS 三丁目の夕日(2005年、東宝) – 氷屋 役
  • ローレライ(2005年、東宝) – 田口徳太郎 役
  • モテキ(2011年、東宝) – 本人 役
  • そして父になる(2013年)
  • 凶悪(2013年) – 須藤純次 役
  • 寄生獣 完結編(2015年4月25日、東宝) – 三木 役
  • 日本で一番悪い奴ら(2016年6月25日) – 村井 役
  • シン・ゴジラ(2016年7月29日、東宝) – 西郷隊長(自衛隊員) 役
  • 怒り(2016年9月17日、東宝) – 南条邦久 役
  • アウトレイジ 最終章(2017年10月7日、ワーナー・ブラザース映画) – 花菱会 花田和弘 役

など、あらゆる人気邦画に出演し、2013年の「凶悪」など、複数の映画で

  • 第38回報知映画賞助演男優賞(2013年、『凶悪』『くじけないで』)
  • 第37回日本アカデミー賞優秀助演男優賞(2013年、『凶悪』
  • 第68回毎日映画コンクール男優助演賞(2013年、『凶悪』)
  • 第56回ブルーリボン賞助演男優賞(2013年、『そして父になる』『凶悪』『くじけないで』)

などの男優賞を受賞。

今では邦画界において欠かせない存在になりつつあっただけに、これら多くの人気映画が視聴できなくなってしまう恐れがでてきました。。




  • 木更津キャッツアイ(2002年、TBS) – シガニー小池 役
  • 大河ドラマ(NHK)
    龍馬伝(2010年) – 溝渕広之丞 役
    軍師官兵衛(2014年) – 蜂須賀小六 役
    いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年) – 黒坂辛作 役
  • 連続テレビ小説(NHK)
    おひさま(2011年上半期) – 中村先生 役
    あまちゃん(2013年上半期) – 梅頭 役
    とと姉ちゃん(2016年上半期) – 森田宗吉 役
  • 陸王(2017年、TBS) – 小原賢治役

など、テレビドラマにも多く出演。

これらも見れなくなってしまう??

 

っていうか今まさに放送中の大河ドラマ「いだてん」どうなるの??

 

今や人気俳優になったピエール瀧。多くの作品にとてつもない影響が出てしまうことは避けられそうにありません。

俳優、ゲームキャラ、声優、ミュージシャンなど関連する作品全てが発売中止や配信中止になった場合その損害賠償額はいくらになってしまうのか。

 

芸能界史上最も影響の出る逮捕かもしれません。

 

ラジオの生放送のレギュラー番組も持っているピエール瀧、コカイン使用状態での出演もあったのではとの憶測もあり、さらに波紋は広がっています。




ピエール瀧が使用し逮捕されたコカインとは

またコカインを摂取(内服、静脈注射)した場合、中枢神経興奮作用によって快感を得て、一時的に爽快な気分になることがある。このコカインの中枢作用は覚醒剤(アンフェタミン類)と類似しており、モノアミントランスポーターの阻害により、カテコールアミンを遊離させ、脳のカテコールアミン作動神経に作用するためだと考えられている。

コカインは薬物依存症の原因となる。コカインによる依存症は極めて強い部類に含まれるが、主に精神的依存であり、身体的依存は弱いと言われる。なお、コカインの中毒症状、精神刺激薬精神病には、服用を中断し対処する。

依存症専門家による投票、スコアづけでは、コカインの精神依存性は3.0点満点中2.8点、身体依存性は精神依存性の数値の高さに対し開きがあり1.3点となっている。比較として、タバコ:精神依存性 2.6、身体依存性 1.8。アルコール:精神依存性 1.9、身体依存性 1.6となっている。

引用:Wikipedia




覚せい剤と同様、非常に中毒性の強い薬物です。

罪状についても多くの人が「覚せい剤は罪が重い」と知っていると思いますが、単純所持の場合、コカインも覚せい剤も

(1か月以上)10年以下の懲役

で同じです。

が、営利目的所持の場合、

  • コカイン:麻薬及び向精神薬取締法64条2項
    「無期若しくは3年以上(20年以下)の懲役」、情状により「(1万円以上)1千万円以下の罰金」
  • 覚せい剤:覚せい剤取締法41条の2第2項
    「1年以上(20年以下)の懲役」で、情状により「(1万円以上)500万円以下の罰金」

と、コカインの方が重くなっています。

今回ピエール瀧が犯してしまった罪はそれほど重い犯罪ということです。

ピエール瀧逮捕に関するネットの反応


もう25年くらい前になるでしょうか、安室奈美恵や鈴木蘭々などが出演していた「ポンキッキーズ」で初めてピエール瀧を知りましたが、当時子供に人気だったピエール瀧がまさかこんなことになるとは思いもしませんでした。。。

映画等の役でヤクザやチンピラなど、強面の役をすることもありましたが、個人的にはこういった事件とは程遠い人のイメージだったので驚きです。

 

昨日といい今日といい・・・ネガティブな芸能界のニュースが続きますね。

昨日の言いましたが、「芸能界の闇は深い」ということでしょうか・・・

 

これらのDVDも発売停止になってしまう??

※追記:やはり続々と発売中止の発表が出てきました。関連作品は買えなくなる見通し。

 

≪その他の「スコプラ日記」を読む≫

関連記事